あねご no めんたるぶらんこ

脳性麻痺1級。
生活全般において何らかの介助を要するが、本人はお構いなし。
電動車椅子に乗り全国を闊歩し、笑顔と言う最大の武器で誰でも友達になり手も借りてしまう場合もよくある。
3姉妹の長女であることも手伝ってかどこにいても姉御肌!!
子ども、障害、性に携わる私が子どもが好きな遊具【ぶらんこ】に様々な思いを乗せ、より多くの人と多くのことを感じたいという思いから、綴るブログ。

2015/11/23: 恒例(^^)

今日は年に1度のとっても楽しい日。
ホントの幼馴染、私が生まれた翌年の1月に生まれ、我が家のお向かいに住んでいた。彼女は健常者だが、私がずっと歩けなかったので私の2つ違いの妹と1つの大きな乳母車に乗せられ、街でよく「三つ子ですか?」と言われたらしい。小学校の時越してしまったが、高校の修学旅行のお土産を届けてくれたのをきっかけに、お付き合いの再開:-P
数ヶ月ごとの交換日記からはじまって、お誕生日プレゼントの交換など数年のブランクがうそのよう。そのうち、年賀状マニアの私がプリントゴッコを買うと、「作ってあげるから私のもさせて!」と彼女。どちらもためらわず、それが30年以上の恒例行事。
いつもは彼女のだけつくるのだが、今日は彼女のを刷ってる間に私もイラストを選びサッサとレイアウトを作った:-P
数年前までは「あなたはいつも夕飯食べてたから食べるでしょ」って母が夕飯を出してくれてたが、3年前にお母様が急死されお父様と2人きりなのでできない。
20歳くらいの時に「50になっても茶飲み友達!」って笑ったら、ホントにそうなった。
父の葬儀や妹の成人式も結婚も、彼女のお母様の葬儀もともにかみしめてきた。
《三つ子の魂100まで》かな?

2015/08/23: 完読

子どもの時から活字は超苦手!!学校で本を借りても読めず、学校の名前が入った本が我が家に何冊あったことか(^^ゞ
その私がン十年ぶりで本を読み終わった。1時間ぐらいで。読みやすい本を教えてもらったのもあるけど、近眼に老眼が重なり活字を追いやすくなったみたい。
読んだ本は【竹内浩三落書き詩集・まんがのよろづや】。
著者竹内浩三は、70年前にフィリピンで戦死した兵隊。彼が遺した詩やまんがを慕う現代人は少なくない。書いてることが70年前とは思えないほど今にも通用する。
私がなぜ竹内浩三をといえば!私が愛して止まない、五十嵐正史とソウルブラザーズが彼の詩にメロディーをつけて歌い、昨年はついにCDにしてしまった。
強情で人間味豊かな性格は、失礼ながら親近感がわく。もっと読んでみたいな!!

余談であるが、先日ソウルブラザーズのライヴ中にフラッと入ってきたお客さんが竹内浩三の甥御さんとか!
魂を信じずにはいられない!!:|

2015/04/20: 寿命

カテゴリ: 楽しみ
投稿者: あねご
あたりまえだけど、ものには寿命がある。
恥ずかしい話、最近まで愛用してた化粧品から脂が…正直いつどうやって寿命が来るかとハラハラドキドキだった。なんたって20歳直前にもらったのだ:ase:似たようなものがほしかった。
1つのパレットに何色か入っていて、その時々で楽しめて、なおかつ知ったメーカーで、お安いもの:!!:あるのだが高かったり、1色だったり、1つのパレットにいくつもの化粧品が混在してたり…それでも根性でみつけた:heart:しかもメーカー品で、とってもリーズナブルだった。
化粧品の寿命は終わっちゃったけど、私の寿命はまだありそうなのでそれなりにしよう。

届くのが楽しみです:heart:

2015/03/17: ラッキー(^^)v

先週のこと。近所の大型スーパーの多目的トイレに1人で入ろうとしていたら、「大丈夫ですか?」と女性。私はその言葉を聞き逃さなかった。
ちょうど扉を閉めてたところだったので、開け直すと誰もいなかった。それでもわざとらしく「はい?」って言ってみたら、「お手伝いしましょうか?」って婦人用トイレから出てきてくれた。ありがたい。私は自力でトイレをすると最低でも20分はかかる。「いいんですか?」って念を押して、甘えてしまった。
聞けばテナントの店員さんで、ご自身は聾唖者の活動をされてらしい。
すてきな出会いに感謝。

2015/02/17: 復活(^^)v

かなりオサボリしてました
いろいろあったんです。でもせっかく与えていただい場だし、あねごに伝えられることは伝えて行きたいという思いから一念発起して、復活しました
頻繁には更新できないと思いますが、引き続きよろしくお願いいたします

2014/02/17: 責任問題

カテゴリ: 社会
投稿者: あねご
先日夜の8時ちょっと前、宅配の荷物をコンビニに持ち込んだ。どうしても次の日に届けたかった。
私は書くことが困難なため、送り先と自分の住所氏名を書いたメモを持ち込み、定員さんに代筆してもらった。すると店長さんが「責任問題なのでコピー」と、私のメモをコピーした。
最初は何とも思わなかったが、すぐに不安に陥りコンビニに詰め寄った、店長さんは「ホントは書いてはいけない伝票を書いた責任がある」と答えられたが、できないことをお願いしたまでで、責任を負わす気などない。それより不特定な人が出入りするコンビニに個人情報を置いて帰る方がとっても怖かった。すぐに自分の目で伝票を確認し、コピーは返していただいた。
ちょっとだけ気まずかったけど、言って行かないとわかりませんよね:wink:

2014/02/11: やる気スイッチ

最近極端に自分のやる気スイッチのON・OFFがわかる。切り替え時がわかればいいんだうろうけど、そんなのわかったら毎日がつまらない気もする。
この数週間OFFだったと思うが、今日ONになった瞬間をなんか感じた。

今日は朝から母と妹が姪を連れ出す日だった。母は「早くしなさいよ」と言い切り、出かけた。信用されているのに…
私は3時に歯医者、その前にマンションの裏の医者に行き、1人ランチが理想だった。
しかし:!!!::!!!:=:[あてもなく無駄な時間をウダウダ:[]。12時半すぎて、やっと外出準備、医者はパス、もちろん空腹のまま歯医者に:ase:。まあ戸締りを欠かさず、1分遅れてしまったがそれなりに行けたことによかったとする:!!:
歯医者が終わり、空腹を満たしたらやっぱり医者には間に合わない=:[
最寄り駅まで戻りちょっと買い物をして、マンションのエレベーターをあがると、母と妹が出かけるところだった。姪の習い事のお迎えと買い物とのこと。「あら玄関閉めちゃったわ」という母に、「大丈夫だよ」と私。ここでONになったようだ:heart:。ONになったところで私のマヒがなくなるわけではないが、やっぱり気持ちが軽やか:-P

って:!!:やっぱり自立できないってこと?
ま、いいか。それが偽りのない私であれば:heart:

2014/01/21: リッチなランチ

カテゴリ: 社会
投稿者: あねご
とっても久しぶりの投稿です。

先週の金曜日、いつものように接骨院に行き、1人ランチ。
いつもはパンとかドーナツに食いつくのだが、違うものが食べたかった。
う〜ん、迷わず麻布茶房:-P ちょっとぜいたくなお店であるが、ずっと気になっていた。実は30年近く前に私のボランティアをしてた友人がこの店のオーナー夫人。当時はよくあんみつを食べさせて頂いた:heart: 翌日は堺セミナーだったし、元気をつけねばとぜいたくした。

食べるのは自力だが、食器を移動させるなど、なんだかんだお世話になった:-P
くしゃみだか咳だかをした時、「使って下さい」とティッシュの箱を差し出していただいて、とってもありがたかった。
帰り際にお礼を言うと、「専門知識がなくて…」と恐縮のお言葉。こういうのがバリアフリーで、ご飯だけでなく、気持ちもリッチになった:heart:

うれしかったのでお礼を示したかった。HPにはお問い合わせメールしかない。
久しぶりに電話をすると男性が出たので、「奥様…」と細々というと「あねごさん、ボク!」とあの頃保育園児で、今立派にご両親とお店を切り盛りし、パパにもなっている1人息子さん。
またまた気持ちがリッチになったのだ:heart:

2013/06/20: 魅力の1つ

月曜日は歯医者だった。ここではいろんな人に会う。今回はYちゃん。
彼女は地元のおもちゃ図書館に来ていたし、もっと昔はおもちゃ図書館をしているセンターに私も平日通所していて、私の部屋の隣に幼児室があり、Yちゃんや常連のNちゃん、Aちゃんも通ってきていた。Yちゃんはかなり昔に引っ越されたが、その引っ越し先で私も活動中なので、彼女のことを尋ねると「なんで知ってるの?」言われることが多い:-P。Yちゃんとは8〜9年前に舞台を見に行って偶然会っただけ。なのに:!!::!!::!!:
待合室で待っていたら、診療が終わったYちゃんが私を見つけ寄ってきてくれた。彼女に言葉はない。私もYちゃんであることはわかったが、付き添われていたお母さまが「Yです、Y!あねごさんを覚えてるの?」ととても驚かれていた。Yちゃんはうれしそう。私もすっごくうれしかった。【お姉ちゃんは私と同じ名前で…】そんなことでも話そうとしている矢先に呼ばれてしまった:ase:
こんな仲間の温かさもおもちゃ図書館の魅力の1つです:heart:

2013/05/23: あっくん

カテゴリ: 活動
投稿者: あねご
先日おもちゃ図書館でおもちゃを拭いていたら、職員さんがあっくんを抱っこして私のところに連れてきてくれた。初対面だ。
あっくん2歳、クリクリお目目で私たちの会話にしっかり反応を示してくれるが、言葉はない。そればかりか全身がダランとして、首さえ座らない。私が抱かせてもらうと、職員さんは「今日何で遊ぶ?」と彼を連れてくる時握ってきた太鼓を鳴らした。私はすかさず「ジェリービーンズ持ってきて!」とお願いした。4月に着任された彼女は初めて聞くことだったかもしれないけど、すぐに対応して下さった。動くぬいぐるみにつないで何度か職員さんと動かすと、わかったようすのあっくん。
「障害のお友達は2つ借りれる」と、お母さんと借りるおもちゃを見る私。「これは借りたけど反応示さなかった」「このおもちゃは療育でいつも使ってる」とお母さんが言いながら上手に選ばれた。そうそう!楽しく遊ぶ時は療育は忘れたいからね:-P。さすがお母さん:heart::heart::heart:
そんな時私も気付く。スイッチだけで動くおもちゃなら電車も…?言ってみると「ホントですか、電車大好きなんです:heart:」と新幹線につなげて、あっくんもご機嫌でした:-P

今回はおもちゃだけだったけれど、重度のお子さんは意外とハードなお遊びが好きなことが多い。無理なくシーツブランコやボールプールもTRYしようね:!!::!!:
また遊んで:-Pバアバ:!:(お子様限定用語!)