桜も咲き、日々の接骨院通いが効いているらしく動きが軽い私。
「私っていつも今の季節こんな調子良かった?」
「ウン、いつも調子いいけど、こんなに動きがいいのは初めて」と先生。
きっと、自分が信頼できる先生にかかりっきりになったのもあるし、年齢的にも様々なことに1段落ついたのだと思う。
昨日もPTの先生と「あの先生には足向けて寝られない」と言いながら、帰りには「あなたは二頭筋が不活性だから意図的に動かしてもらうと、もっと肩の動きが楽になります。ちゃんと伝えて下さいね」と言われて、早速伝えた。その前は股関節を開いてもらうことを言われ、やってもらっているうちに壁など頼らず2本の足で立つことができるようになってきた。相乗効果:heart::heart::heart:

そんな私だが、先週大失敗をして、肋骨に大打撃を受けた。
通院前に駅のトイレで用を済ますのだが、トイレの可動式手すりが動き便器から落ちた:!!:
それだけであれば威張れないがすでに経験済み:ase:だが、今回は落ちたところにゴミ箱があってイタタタ:*o*:
落ちた時がよかったというのも変だが、すぐに診て頂けた。
「逆セクハラ?」、「いや治療範囲です。痛みがとれるまで背中は治療しません」とのこと。
それが月曜日で、金曜日には痛みのピーク:!!!:
「肋骨の痛みのピークは1週間〜10日でそれを過ぎると痛みは少しずつ引いていきます」と言われた。
ホントに痛かったのは金曜日だけで、痛みはかなり引いてきた。

ホントに感謝の連続である:heart::heart::heart: