あねご no めんたるぶらんこ

脳性麻痺1級。
生活全般において何らかの介助を要するが、本人はお構いなし。
電動車椅子に乗り全国を闊歩し、笑顔と言う最大の武器で誰でも友達になり手も借りてしまう場合もよくある。
3姉妹の長女であることも手伝ってかどこにいても姉御肌!!
子ども、障害、性に携わる私が子どもが好きな遊具【ぶらんこ】に様々な思いを乗せ、より多くの人と多くのことを感じたいという思いから、綴るブログ。

2015/02/17: 復活(^^)v

かなりオサボリしてました
いろいろあったんです。でもせっかく与えていただい場だし、あねごに伝えられることは伝えて行きたいという思いから一念発起して、復活しました
頻繁には更新できないと思いますが、引き続きよろしくお願いいたします

2014/02/11: やる気スイッチ

最近極端に自分のやる気スイッチのON・OFFがわかる。切り替え時がわかればいいんだうろうけど、そんなのわかったら毎日がつまらない気もする。
この数週間OFFだったと思うが、今日ONになった瞬間をなんか感じた。

今日は朝から母と妹が姪を連れ出す日だった。母は「早くしなさいよ」と言い切り、出かけた。信用されているのに…
私は3時に歯医者、その前にマンションの裏の医者に行き、1人ランチが理想だった。
しかし:!!!::!!!:=:[あてもなく無駄な時間をウダウダ:[]。12時半すぎて、やっと外出準備、医者はパス、もちろん空腹のまま歯医者に:ase:。まあ戸締りを欠かさず、1分遅れてしまったがそれなりに行けたことによかったとする:!!:
歯医者が終わり、空腹を満たしたらやっぱり医者には間に合わない=:[
最寄り駅まで戻りちょっと買い物をして、マンションのエレベーターをあがると、母と妹が出かけるところだった。姪の習い事のお迎えと買い物とのこと。「あら玄関閉めちゃったわ」という母に、「大丈夫だよ」と私。ここでONになったようだ:heart:。ONになったところで私のマヒがなくなるわけではないが、やっぱり気持ちが軽やか:-P

って:!!:やっぱり自立できないってこと?
ま、いいか。それが偽りのない私であれば:heart:

2013/04/06: 誤解判明の日

昨日接骨院で、「オムツがしっかり当たるって足(股関節)が開くようになったからかな?」と聞くと、「オムツだったら腰が起きたからじゃない」と先生。私はん:?:って思ってすぐに分かった。「私のオムツってパットだよ」、「じゃあ足だね」と会話して「ったく腰を毎日治療してなんでそう思う?」、「薄くてコンパクトなものがあると思った」と先生。そんな重宝なものあるなら出してほしいものだ:mrgreen:
ともあれ誤解が判明してよかった:-P

その後友人の会社リラ・ヴォーグの展示会だったので行く。接骨院からは乗り換え1回、展示会の会場からは自宅までバス1本。そう!コートを作ったところ。
私はのほほんと「この間のフリースのコートって洗濯の注意ないの?」と発した。友人は驚き、「フリース?うちはそんな安い素材使わないわ。ウールっていってタグも付けたのに」と言う。
ひぇ〜〜〜=:[私はどこで何を聞いてたんでしょうか:?:

2012/07/17: 女子テコ

暑いですぅぅぅ〜=:[=:[=:[

この夏店先でよく見る女子テコ。ステテコの女の子(???)バージョン!5月のお誕生日に大好きなお姉さまから上下セットで頂きました。
この暑さに耐えかねて、、頂いたのを思い出し着てみました。
生地が浴衣のようなサラッとしたもので、伸縮性もよくパジャマっぽいので快適なホームウェアです。
ルンルンして着てたら「フン!そんなのにお金つぎ込んで:!!!::!!!::!!!:」と姪。
えっっっ:?:、どこでそんな言葉遣い覚えちゃったの:?::?::?: つぎ込んだんじゃなく頂いたのよ:!!::!!::!!:と抵抗しながら…

最愛の姪であろうが、オトコであろうが、誰に何を言われてもこの夏の私の必須アイテム:heart::heart::heart:

2012/07/02: 半年過ぎて

7月になってしまいましたね。1年の半分が終わってしまったということです。

6月の終わりに、マッサージ治療を受けながら、「また何もしないで半年過ぎちゃった」とため息をつくと、「身体が半年でこんなに良くなっていい半年だったじゃないですか」と先生。
そうか…。先生とは4年近くのお付き合いになるが、先生も私自身もこんなに良くなるとは思わなかった。
以前先生が勤務されていた接骨院は担当は大体決まっていても、こまごましたことは大勢の先生で見るので、何となく抵抗がなくはなかった。なので通院頻度も近いのに今よりずっと少なかった(今はあ少なくても1ヶ月10日以上)。でも知り合って割と早い時期から、この先生の施術が自分に合っているような気がしてた。
開業されてからは先生お1人なので、それまであった不快感(言い過ぎですが適当な言葉が思いつきません)がなく、精神的に気軽に行けてしまう。加えて私の無遠慮さと先生のやさしさ(?)が重ねり、治療メニューがどんどん増えていき、気づくと2本の足で立っていられるのです。今までも立ててましたが、自力でトイレでズボンの上げ下げをするのに壁に頭などをくっつけて支えていたのが最近は足だけでもOK:)
終わりよければすべてよし:!!:
そーいえば先週は母も薬の副作用でぐったりで、薬も変えてもらい無事復活:heart:

残り半年も健康で、アクティブに、私らしく生きます:heart:
至らない自分への反省や改善にも努めなくてはね:ase::ase::ase:

2012/03/13: 1年

この11日で東日本大震災から1年を迎えた。
振り返らなくても、ついさっきのように思いだせる。
どんよりした日で、母とまったりお茶を飲んでいた。「揺れているね」と言い合った次の瞬間揺れが一気に激しくなり、「あねご!こっち」と母が落下物のない方に誘導してくれた。親のありがたさと、いくつになっても親子関係は逆転することがないことを痛感した時でもあった(その割には日々の争いが絶えない:ase:)。

1年を迎えた11日は、友人たちが企画するチャリティライブに出かけた。
ずっと前から楽しみにしていたのに…実は出かける前、内心【震災が起きたら】という不安も抱いた。つい先日も「みんなは居所が会社とか学校とかわかっているけど、1番身動きのとれない貴方が1番どこにいるかわからない」と母にあきれられ、答えようがなかった:ase:
でも楽しみだったし、その会場のドリンク代いの半分が震災支援になる。もしその不安を言葉にしようものなら母は私の外出を止めるだろう。
不安をグッと閉じ込め我が家を後にした。
友人たちの歌を聞き、ドリンクも飲み、地震の起きた時刻に黙とうもでき、打ち上げまで楽しんできた。

今の時代地震や災害、事件などいつ何が起きるかわからなく恐ろしい時。
でもおびえていたら何もできない。
万全のことをし(ホントか?あねご!)、私らしく生きる。
それぐらいしか今の私にはできない:heart:

2012/02/10: 大切なこと

カテゴリ: よもやま話
投稿者: あねご
ある男性が奥様に自分のことを認められていないようなことを言った。
私はなぜかすかさずババアじみながら、「ご飯食べたら『おいしかった』って言う?」と聞いてしまった。その男性は驚いて、「そんなこと言うんですか? ぼくの食べ方で分かるはずなのに…」という。
それって言葉を伝えるか、気持ちを伝えるかの違いなのではないだろうか?
私の父はとっても遊び人で母泣かせだったが、ご飯を食べきると「ごちそうさま、おいしかった」を必ず言う人だった。もちろん父の口に合うものばかりではなくその後でグジグジ言うのだが、必ずその挨拶は欠かさなかった。それは今思えば、ごはんの味や好みより母への労い
だったのかな。
家族だから、好きな人だからわかってる。でも放置するのは…だから言ってほしいこと、言わなきゃいけないことってあるよね:heart:

エラそーなこと言ってる私だってまだ言えてないし、それができたら…
でも父が必ず言ってたことは習慣で言うし、10年くらい前に母と2人だけの生活をしていたころから、寝る前に自然と母に言うようになった言葉があり、それは今も続いている。

伝えるって大切ですよね。
この人だから、わかっているだろうから、恥ずかしいからじゃなくて気持ちが聞きたい、伝えたい。

ちなみにその男性は、私が言葉足らずでまくし立てたにもかかわらず、「『おいしかった』って言うようにします」と言っていた。
きゃっ〜、日々気にしつつ、ボランティア仲間に突っつかれながら、こんなにあけてしまったことをお許しください。そして改めまして、本年もマイペースな私をよろしくお願いします。

とっても元気です!(^^)!。正月は言うまでもなくまったり過ごしました。
今年で3年目になる荒馬座の新年会にも参加して、獅子にしっかり頭を噛んで頂いてきました:mrgreen:。そして帰り際にずっと買ってみたかったムーミンベーカリーのムーミンパンまで買っちゃいました:heart:
この冬はとっても寒いのに年の功でしょうか?、防寒をしっかりして飛びまわってます。
前回書きました新しい接骨院にも行き出しました。ちょっと遠くドアtoドアで1時間以上かかるのですが、慣れた先生がいいのでお世話になってます。私より1回りほど若いイケメン(へへへ、そうなんです!)先生との毒舌会話も楽しみの1つです:heart:
先週末は障害児サークルの世話人合宿でたくさん学び(?)、リフレッシュ!
この週末はおもちゃ整理が土曜日にあるだけだったので、日曜の荒馬座公演のチケットを買ったらなんと!連日雪:!!!::!!!::!!!: どちらにも行けませんでした:cry::cry:
そして今度の週末は堺で障害児・者性教育セミナーです

私は今のところ元気ですが、、、子連れの妹がインフルエンザにかかってしまいました:[]:[]

みなさんお気をつけください:heart:
今年も残すところ1日を切りました。何があったかな?
笑いも、怒りも、苦しみやつらさも、喜びも…数え切れないほどあった。
震災は怖かったな。この私が1ヶ月近く、外に出るのが怖かった。電車やエレベーターが止まったら、混雑のなか電動車いすじゃ即帰宅難民どころか、迷惑・お荷物・「あんた誰?そこで何してるの?」は想像がつく。普段自他ともに障害者であることを忘れがちな私が、障害のしんどさを実感した。
でも春はきた。最愛の姪は小学校へ、私は友人のまっつマックさんの多大な協力の下プールに復活!最初は何となく関係作りがわからなくて戸惑ったけど、今は甘え切ってます。11月には大会にも付き添ってもらい12.5mを49秒で完泳:-P。プールだけにとどまらず、最近はショッピングやランチにもお付き合い頂いてます。今日もついたお餅をお嬢さんと車で届けて下さいました。感謝ですぅ:heart:
秋以降なんだか体調UP!動き軽やか、持病の失禁やアトピーも回復傾向。私の人生これからです:mrgreen:な〜んちゃって。
悲しい別れもありました。ちょっとかじったダンスの先生。私が言うと変かもしれないけど強烈な先生で、自分を失いそうになり、失礼な逃げ方をせざるえませんでした。でもとっても可愛がっていただいたことは忘れません。ちょうどその先生につくようになった頃、私の書いた詩を冊子にして下さったボランティアの仲間も旅立たれてしまいました。そして最後は長い間私の家に来て下さっていた車いす屋さんの担当の方が。とってもお世話になりました。みなさんのご冥福をお祈りいたします。
時化た話で終わるのはあねごじゃないよ。年末にうれしい知らせもありました。
4月末に「3ヶ月ぐらいで開業します」と接骨院を辞められた先生が、先月やっと開業されたとのこと。ちょっと遠いのですが、慣れてて、信頼できる方でずっと診ていただきたいので、追っかけます:!!:
さらに!若い頃【障害者・高齢者衣服研究交流会】というのをやっていて、ご一緒させていただいていた大学の先生だった方からお便りをいただき、中高年のセミオーダーの会社リラ・ヴォーグを立ち上げられたとのこと。「中高年がターゲットで障害者も頼まれれば」とのこと。うれしいけど、今じゃ私も立派な中高年:ase::ase:
駆け足でザーッと並べましたが、数え切れないことをし、数えきれない方にお世話になり、時間がない故に駅員とのケンカも多々ありました。無駄なこともあっただろうけど、貴重な時間をありがとうございました。
来年は自分にとって区切りの年。今までのことを肥やしに、竜のごとくはまいあがれませんが、マイペースで行きます:!!::!!::!!:
みなさん引き続きよろしくお願いします:heart:

どうぞよいお年をお迎えください。

寒くなったので雪の絵です。これはサッサともらわれてしまいました:-D
20111231-sawasa26.jpg

2011/08/08: ドケチ!  

今日は2駅先の大学病院の皮膚科に。
この病院はそもそも近所の耳鼻科の紹介。
昨年春に電話で「車いすでもいけるか?」と確かめたのに、病院側の意識が低く「大丈夫です」とのことで行ってみたら階段。
それでもその日は快く、おばあちゃん先生が私の手を引いてくれ、若い看護婦さんがどうやったのか?1人で電動車いすを上げて下さった。
先生は「私では診切れないので、明日若先生(息子)に診てもらって。伝えておくわ」ととても気持ちよく送ってくれた。
が!!!!!その後その先生親子のやり取りが察せてしまう電話。「うちでは診切れないので、近くの大学病院を」と紹介されたのだ=:[=:[=:[=:[
当の目的の耳鼻科は数回で終わり、どうせなら!と寄った皮膚科にず〜〜〜っと通っている。

大きい病院なのに私は待った覚えがなく、、トイレ介助も頼めちゃうし、何といっても私の大好きなショッピングモールでお薬がもらえる:-P お薬を待ってる間にウィンドショッピング♪♪♪

ちょっと前に1ケースのお茶を諦めたホームセンターへ。やっぱり諦めきれない。
今日は伊藤園の見たことがないウーロン茶が¥68!息をのみ店員さんに24本入りの箱を車いすのフットレストに乗せてもらうと、ぴったり乗った。迷わず買った:**::**::**:

母にあきれられたが、この歳にして1山越えたような感動:heart:

ついでに時間ももったいなくそれを持ったまま接骨院にも寄っちゃったわ、アタシ!!