あねご no めんたるぶらんこ

脳性麻痺1級。
生活全般において何らかの介助を要するが、本人はお構いなし。
電動車椅子に乗り全国を闊歩し、笑顔と言う最大の武器で誰でも友達になり手も借りてしまう場合もよくある。
3姉妹の長女であることも手伝ってかどこにいても姉御肌!!
子ども、障害、性に携わる私が子どもが好きな遊具【ぶらんこ】に様々な思いを乗せ、より多くの人と多くのことを感じたいという思いから、綴るブログ。

カテゴリ: 追悼
投稿者: あねご
あらま!こんなにおサボりしちゃったわ:ase:
夏休み? 確かに7月末には近場で3泊のバカンスを楽しみました。温泉、岩盤浴、プールにボーリング。いつも私を嫌う姪が「あー、行くよ!早く」と誘いに来てくれてうれしかったです:heart: で、なんで更新しないの?
怠け病? 相変わらず眠い病が続いており、「検査結果が良ければ薬を減らせられるかも」とお医者様に言われております:-P
夏バテ? 暑さには結構平気なタチかもしれません。でも夏のトイレが苦手です。汗でズボンが上げられません。ショッピングモールのトイレで1時間半格闘し、これ以上やったら脱水と感じ、恥ずかしくない格好にして定員さんを呼んだことや、接骨院でイケメン先生にお願いしたこともありました:ase:

でももう1つあったんです。
友人を亡くしました。私は最後の1ヶ月しか彼に寄り添えませんでしたが、彼は生れてから41年間がんと闘ってきました。最後に入った緩和ケア病棟が私の通えるところだったので時間がある限り会いに行きました。
【死】を待つしかない声も出ない、栄養は点滴だけの彼に「またうるさいあねごが来たよ」と手を握ると握り返してくれたり、お礼を言おうとしてくてたり、50にして生きることの尊さを学べた気がします。
面会を重ねるたびに頑張ってほしいという気持ちと、この人なら緩和ケアの常識を塗り替えてくれるような気がしましたが、残念なお別れをしました。

お別れとともになんかすっきりしました。
「彼が嫌なもの持って行ってくれたみたい」、「あらあねごの嫌なもの全部持ったら彼は大変ね」と友人と笑い出しました。

がんばるぞ:!!::!!:
今日締め切りのサークル会報も:!:、買って放置してあるかもめーるも、これからです:-P
そして週末は地球冒険学校のアクアナイトに参加してきます:-P もちろんサークル世話人会とのハシゴ:-P
カテゴリ: 追悼
投稿者: あねご
もうこんなカテゴリーを設けてもおかしくない年代になってしまった。

GW初日の28日は友人と、いつも入り浸っている友達の喫茶店でまったりしていた。
友人たちが今度の12日に、私の個展のオープニングと50歳になることを祝ってライヴをしてくれるというので、その打ち合わせをしていた。
そんな時メールが入った。

このブログでも時折登場する私の幼馴染。
私より8ヶ月ほど後に生まれ、同学年。私のうちのお向かいに住んでいてよく遊んだ。
私が歩けないため大きな乳母車を買い、彼女と私の2つ違いの妹と3人並んでいたら「三つ子ですか?」と聞かれたこともあるそうだ。
小学校の時彼女の家が都営住宅にあたりしばらく連絡が途絶えていたが、高校の時修学旅行のお土産を届けてくれて以来つかず離れずのお付き合いを今に至るまでさせてもらっている。
メールは彼女のお母さまの訃報だった。
私は驚きとショックであわてて母に電話をし、その日行われたお通夜に母と妹とお邪魔した。
祭壇のおばさんらしい遺影を見て【ホントだった】と愕然とした。

いつも遊んでくれたり、乳母車を押してくれたり優しくて楽しかったおばさん。
近所の病院やスーパーでも私を見ると声を掛けてくれたおばさん。
去年、誕生日プレゼントのお礼で電話した時、「あーの声聞いてたら涙出ちゃった」ってなんだったんだろう?
もっともっと笑っていたかったのに残念です。

たくさんのことをありごとうございました。
ご冥福を心よりお祈りいたします。合掌