あねご no めんたるぶらんこ

脳性麻痺1級。
生活全般において何らかの介助を要するが、本人はお構いなし。
電動車椅子に乗り全国を闊歩し、笑顔と言う最大の武器で誰でも友達になり手も借りてしまう場合もよくある。
3姉妹の長女であることも手伝ってかどこにいても姉御肌!!
子ども、障害、性に携わる私が子どもが好きな遊具【ぶらんこ】に様々な思いを乗せ、より多くの人と多くのことを感じたいという思いから、綴るブログ。

2012/06/19: 紫の花

カテゴリ: 家族
投稿者: あねご
日曜日は父の日だった。

おもちゃ図書館の帰り道、1日に行う七夕の笹を注文しに友人と駅前の花屋に行った。
すると私が入った店先のバケツに小さな紫の花が咲いていた。スターチス。ネットからとった写真を貼り付けます。20120619-sutahchisu.jpg
そーいえば:!!:
父は紫が大好きだった。
仏壇がとっても小さいので、2本も買えば充分。

友人にチョットほめられながら:ase:、思いがけず買った父の日のプレゼント:heart::heart:

せこかったかしら:?::?::?:
カテゴリ: 家族
投稿者: あねご
持病のアトピーは年々良くなっているものの、季節の変わり目か利き手(左)の小指に下(手のひらと手の甲の境)が悪化し、赤むけして痛いのでガーゼで保護した。それを見た姪はとっても驚いた:*o*:
「どうしたの?病院は?お薬は?治る?」と言ってくれた:-P その顔は「バカ野郎!、どっかいって死んじゃえ!」といった悪たれを突くいつもの姪と違う顔で優しかった。私はほっこりした気持ちになり、とっても嬉しかった。

姪のお世話になっている学童の裏にこぴあクラブという障害児の学童クラブがあり、時折学童同士の交流をしているらしい。
1年生になったばかりの夏休みは、一緒にプールに入ってちょっと自信なさそうに「お手伝いしたよ」と言ったが、半年経った春休みはこぴあクラブに遊びに行ったらしい。「こぴあさんに大きなトランポリンがあって楽しかった」とうれしそうに帰ってきた:heart:
小さなころからいろんな人と関わって、やさしい女の子になってくれたらいいなと思う:heart:

明日は皮膚科の通院。あいにくこの1週間電動車いすがまたパンクしてしまい再び籠の鶏生活だが、明日は母が車で連れて行ってくれるそうだ。お昼ぐらいごちそうしちゃおうかしら:-P

2012/04/10: 少しずつ?

カテゴリ: 家族
投稿者: あねご
今日は昼過ぎに家を出て、治療を受けて帰ってくると姪の学童の帰りと一緒になった。そばにいたお友達が私に「誰?」と聞いたので、「おばちゃん」と言いかけると嫌な顔をした姪がシャットアウトした。
それでも最近はゆっくりと姪との距離が縮まってきたかもしれない。
ちょっと前までは私が入ったトイレの次に入るには芳香剤をいっぱいかけて、便座カバーを替えないと入らなかったのが、ここしばらくない。

先日の姪の誕生会も、事前にお料理やみんなの役割を姪自身が書きだした。私の役割は【自分の部屋にいること】だった:ase:
誕生会直前「あーのプレゼントは?」と徴収に来た。
「あれっ?誕生会行っていいの?」と意地悪言うと
「そんな面倒なこと言うんならいいよ」と冷められてしまい焦った:ase:
チョット待って!タイマイはたいてプレゼント買ったのに:[]:[]
「あるよー」と渡してしまい、「行くからね:-P」と言うと「ハイハイ」と言いこれまた冷めてる。

8歳ってこんなに冷めてた?と思いながら、何となく認められかけているのかな?と感じることが増えたこの頃です:heart:

カテゴリ: 家族
投稿者: あねご
もうすぐ母の誕生日。
いつもスーパーで安ものを見つくろう私だが、今ちょっと曲が選べるオルゴール屋にハマっている私。
バースディベアに母がわりと好きな70年代にはやった曲をと注文したが、その曲だと母の誕生日につくとかつかないとかメールがいくつかきたので、わからなくなって電話をした。やっぱり私が選んだ曲では母の誕生日に間に合わないというのだ=:[ 迷いに迷って曲を変更して、電話を切った。
すると折り返し電話がかかってきて、私の希望した曲があったので間に合うとのこと。電話口で視聴させていただき、最初に選んだ曲で注文:heart:
明日お金を振り込もうと。

母の誕生日は性教協のサークル世話人会と、夜は別なフォーラムが…
でもまぁ、いいや:mrgreen:
プレゼントは着くし、イベントは週末だし…

そのイベントだが、いつも外食なのに『お家でパーティがいい』と姪が言っているらしい。
いったい誰が誰のために料理をするんだい?と妹たちは頭をかしげ、母は「ハイハイお家ね」と目じりを下げていた:heart:

2011/08/26: エッセンス!?

カテゴリ: 家族
投稿者: あねご
ず〜〜〜っとご無沙汰しちゃいました:ase:
暑いのと、ン年ぶりでパソコンをネットにつないでもらって遊びまくっているのとで気にしつつサボってました。でも元気でしたよ!
おそ〜い残暑見舞いを書いたり(出さなかった方ごめんなさい)、20110920-sawasa31.jpgディズニーランドに一家で行ったり、ボランティアをチョビチョビ楽しんだり…
そんな中母との言い合いはコミュニケーション? 最近は負けませんよ、「そんなこと言う前にこの身体になってみぃ!」と捨て台詞。すかさず母も「嫌だね〜!」と返してきます。さすが我が母:heart:ところが、私はあることを思い出してしまった。
知的障害のお嬢さんを持つ友人が、「私なんか娘とケンカができないのよ、いいわよケンカぐらい」と話してたのだ。なるほど:-Pそのことを母に言うと、口が達者な母は「隣の芝生は青く見えるのね」ときた。んんん〜8-|
でもそういう母の顔がいつもよりずっと明るく感じたのは、たぶん気のせいではないだろう。
またケンカしよう:hahaha:
母にいつまでも若くいてほしいから!

暑い夏にチョットふりかけたエッセンスでした:-P

2011/07/31: 早めのバカンス

カテゴリ: 家族
投稿者: あねご
ちっとも夏らしくならず寂しいような、ありがたいようなこの頃です。
そんな中、今までよりずっと早い家族旅行を楽しんできました。
早くなったのは、姪が小学生になり普段の日はいけなくなったことと、今年は節電対策のため企業がウィークディを休みにし祝日出社などが増え、全員の休みがなかなか合いそうにないから。

ええ、今年もみんな元気に7人そろいました:wink:
姪を中心にパパとママ、2人のおばあちゃんと、2人のおばちゃまです!
行き先に姪の注文がありました。「ベッドとプールとバイキングのあるところ」でした。
妹たちはあれこれ候補を考えていたようですが、近くて、お手軽で、姪の注文が全部かなう木更津のホテル三日月に3泊。のんびりできました:-P

2日間まるまる遊べるのはとってもリッチです。
午前中はホテル内のキャンドル作り、ゲーセン、トリックアートも全員で楽しめたし、買い物なんかもして、午後はプールでした。
私も流れるプールに浮き袋を着けてもらい、浸かったんです。流れに身を任せたり、浮き袋を頼りに水中歩行をやってみたり…。時々姪に遭遇すると、浮き袋ごと蹴飛ばされ:ase:
そんな私の付き添い(?)で母も水着に!
親不孝かな? いえいえ親孝行と思っちゃいましょう!
だから若いんです!それに水着になったって、「そこで浸かってなさい」と言って、自分は温泉に行ったりしてました:mrgreen:

こんな時間はいつまで続けられるんだろう?と切なさも感じながら、家族のありがたさをかみしめた4日間でした。


2011/07/10: 育ちの中の理解

カテゴリ: 家族
投稿者: あねご
どんな悪たれつかれても姪はかわいい♪1年生の1学期も終わりに近づき、色んな理解が変わってきた。

先日はプールの授業で3秒顔をつけられる11級をもらって、「お休み級だった」と言ったそうだ。うーん、さすが現代っ子なのか、遊ばせ過ぎなのか…数字の11とオーディオのリモコンのポーズマーク【‖】がダブったと妹曰く(笑)
昨日は土曜登校で、集団下校。今まで玄関のオートロックは開けられたけど、絶えず誰か一緒。なので、マンションの下から自宅を鳴らすのを知らなかった!ベランダからおもてをのぞいたパパが1人でおもてで突っ立ってる娘を見つけ、迎えに行ったらしい(^^)v。そして、マンションの下から自宅を鳴らすことを学習し、早速実施。今朝、子ども会での町内清掃に出かけた帰りに下からピンポン♪と鳴らし、「おばあちゃんできた!」とノコノコやってきた。そして…極めつけの理解の弁!
私の障害を【病気】と教えられてた姪が「あーは病気じゃないね。病気だったら寝てなきゃいけないし、いつも元気だし、病気って言ってがんばるのを怠けてるだけ」と語る。うーん、すごい理解!1年生に【障害】を理解するのはできないけど、たぶんこの子は【障害】を理解できたとしても私には今と同じことしか言わないと私は悟った。なぜならば、この子は正真正銘の私の姪であり、家族だから!!

私にとってちょっぴり酷で、とってもうれしい1年生の姪の理解だった♪♪♪あねご(^_-)


カテゴリ: 家族
投稿者: あねご
今の世の中とても物騒で、何があってもおかしくない。私の育った頃は物心つけば近所へのおつかいは当たり前だったが、姪はまだ未経験だ。
そればかりでなくマンションのエレベーターにもたった1人では乗せないし、集団登校の集合場所まで家族が送り、『大丈夫』と本人が豪語しても遠目で誰かしら来るまで家族が見守ってる。

昨日は学校公開の振替休日で、学童で遠足に連れていってもらった。150円を持参するように言われてたらしい。
帰ってきた姪は『120円のお水をほしかったのに、150円しかなかったからお茶買った』と言い、お金を持たせた妹は『10円玉を5枚持たせるんだった』と思ったらしい(^^)v

まだまだ人生初盤の姪です。
これからたくさんのことを経験して、賢く育ってほしいと願うばかりのあねご♪♪♪


2011/05/07: 溶連菌で

カテゴリ: 家族
投稿者: あねご
連休中姪が体調を崩して、今日はおばあちゃんと病院に行く以外、我が家で留守番。大好きな学校にも学童にも行けずにクサクサしてた。
夜になっていつもながら「その病気いつ治るの?」と私に言った。なぜか私は姪であることに抵抗感がなく、今まで数え切れない小学生に伝えてきた言葉が自然に出た。『私はおばあちゃんから生まれる時、脳ミソに傷がついたんだよ』。数秒前に「いつ治るの?」と言った時とはまったく違う面持ちで、それを聞いてた姪に母は言葉を足してくれた。「もう少しずつわかるよね。あーちゃん治らないんだよ」と。今までに感じたことのない新鮮な空気をかすかに感じた。早かったかな?、いや大丈夫だろう☆
間を空けることなく、「でもさぁ、ブスは治るでしょ。明日までに治してね」とまたしてもやられた(^o^;。言われるまでもなく、4月になってすぐにカットしたばかりの髪にウザさを感じてた。近いうちに切ってこよう♪
果たしてブス脱出は?、そして姪との関係は?

人間ワクワクするときれいになるんだよね(^^)v