会則

サークル会則


゛人間と性゛教育研究協議会障害児・者サークル会則(抜粋)
第1章  総則
 第1条(名称) 本会は「人間と性」教育研究協議会(略称「性教協」)障害児サークルと称する。
 第3条(目的) 本会は「性教協」設立趣意書を基本とし、障害児・者の性教育の実践に関する諸問題を研究することを目的とする。
 第4条(会員) 本会は「性教協」の本部会員で、本会の目的に賛同し、会費を納入した個人及び団体によって構成される。
第2章  事業
 第5条(事業) 本会は目的を達成するために、次の事業を行う。
1 定例研究会、講演会などの開催
2 機関誌(紙)の発行
3 その他、必要と認める事項
第3章  組織・運営
 第6条(機関) 本会は次の機関を置く
1 総会 1年に1度開き、会の方針、世話人を決める。会の最高機関であり会員によって構成される。
2 世話人会 総会に準じ、本会の運営に必要な事項を審議するとともにその実務を処理し、目的の達成に責任を持つ。
 第7条(役員)

本会の事業を行うために次の役員を置く。役員は総会において選出され、任期は1年とする。但し再任を妨げない。
1 世話人 若干名 世話人会に参加するとともに、各部局に分かれ、会の方針を具体的に実行するために、任務を分担し、実務を行う本会の代表である。

第4章  財政
 第8条(会費) 本会の会員は、年額1,500円の会費を納めなければならない。
 第9条(財源) 本会の財源は会費その他の収入によってまかなう。
第5章   雑則・付則
 第12条(雑則)  本会の運営については、必要な申し合わせをおき、この会則を補足する。
 第13条(付則) この会則は1996年3月30日をもって実施される
1998年3月29日改正。

入会申し込みはこちらから

Copyright ©  性教協障害児・者サークル All Rights Reserved