リンク

リンク


゛人間と性゛教育研究協議会
「性教協」本部のホームページです。
性教育の豊富な資料、教育実践、関連書籍など掲載しています。
全国障害者問題研究会(みんなのねがいWeb)
全国障害者問題研究会(略称・全障研)は1967年に結成されました。
障害がどんなに重くても、人間としての発達の道をあゆむことができます。誰もが憲法に定められた基本的権利をもっています。障害者の権利を守り、発達を保障するために、全障研は活動を続けています。
障害者、家族、教職員、保育者、指導員、障害にかかわるさまざまな専門職、研究者、ボランティアなどが幅広く参加しています。各都道府県に支部があり、地域や職場でサークル活動にとりくんでいます。誰でも入会でき、平等の立場で何でも語り合い、学び合うことができます。学習会や講座、全国大会などでは、障害者問題の最新の知識や情報を得ることができます。
情報通信ネットワークの分野では、1990年からパソコン通信やインターネットを活用し、研究と普及につとめてきました。日本障害者協議会(JD)と協力してパソコンボランティア活動を発展させてきました。

〜全国障害者問題研究会ホームページより

「こころとからだの学習」裁判
ある養護学校をおそった突然の悲劇。
教育委員会も絶賛していた性教育(こころとからだの学習)は、なぜ攻撃されなければならなかったのか。
教育を守るたたかいが「ここから」始まります。

〜「ここから裁判」ホームページより

諏訪ノ森法律事務所
2003年12月、石原都知事と教育委員会の性教育バッシングに対して、弁護士会に人権救済の申立をしました。「性教育は子どもの人権」を合い言葉に、教員、保護者、研究者、支援者が心をあわせわずか10日間で2000名を超える申立人が集まりました。どちらの事件も、弁護士として、人間としての自分を鍛えてくれるものと確信しています。

〜諏訪ノ森法律事務所ホームページより

Copyright ©  性教協障害児・者サークル All Rights Reserved