性教協障害児サークルHP

2009年08月の近況バックナンバー


2009年 8月 4日 [火]
熊本で行われていた性教協全国セミナーに行ってきました。
1日目、子どもたちによる超感動的な演劇で始まり、適確な情勢分析のなされた基調報告。そして、フォトジャーナリストの郡山総一郎さんによる講演「戦争の後に生まれてくるもの」。内戦後のカンボジアのたくさんの写真を通して、戦争は戦争中だけではないということを実感。やはり写真の力は大きいです。さらに、多彩なスピーカーによるトーク&トークも行われ、初日だけでも十分満足できる内容でした!
2日目午前は模擬授業。今年の障害児の部は、H支援学校小学部高学年の実践。なによりも色々な葛藤をしながらも「集団」で授業を作り上げたという経過がよく見えたのが素晴しかったです。
午後は分科会。今年の障害児の部は、「人生に丸ごと付き合う」と題された卒業生に事例を中心とした報告。結局どんなケースでも「人生には性が関わる」という言葉が印象的でした。
3日目は、七生養護事件の弁護団の事務局長の中川さんと代表幹事の関口さんによる理論講座。どちらも時代の本質をつく、意味深い内容でした。
来年は、石川での開催です。現地実行委員からは、すでに障害児サークルに協力要請が届いています! みなさん、来年は、金沢に行く準備をしておきましょう!       (Nao-kun)

Copyright ©  性教協障害児サークル All Rights Reserved