性教協障害児サークルHP

2015年03月の近況バックナンバー


2015年 3月 13日 [金]
当サークル会員の編・著による新刊本のご紹介です。

 今回のセミナーに合わせて、千住真理子著・伊藤修毅編『生活をゆたかにする性教育〜障がいのあるひとたちとつくるこころとからだの学習』が発売されました。
こちらもご覧下さい。
FaceBook:障害児・者サークル



《著者の言葉》
 堺で障がいのある青年の性のセミナー「せいかつをゆたかに」や、高等部卒業後の学びの場「ぽぽろスクエア」で「こころとからだの学習」と「進路」の授業を受け持っています。
 今回、性教育の指導案集を出すことになりました。
 17の指導案とコラム4つ、そして、その授業を通じて見えてきた青年たちの姿を「授業を終えて」に書いています。
ぜひ、彼らの姿を知ってほしいのです。また、指導案ごとに解説を日本福祉大学の伊藤修毅先生が、より深い観点で性の学びの意義や彼らの特性を生かした学びなどについて書いてくださっています。
 「性教育をはじめたいけれど、何から手をつけたらいいの?」「どんなふうに授業を作っていったらいいの?」と思われる方、どうぞ、参考にしてください。教材もいろいろと紹介しています。
 目の前の子どもや青年たちを見てアレンジをしていただければと思います。
セミナーに参加した青年が、「いろいろと話がされて世界が広がった。うれしくなった。ありがとう」と感想を書いていました。性の学びは、彼らの人生を励ますものです。
 一人でも多くの方が、障がいのある子どもたちや青年たちに性の学びをしていただけることが私の願いです。
著者:千住 真理子

2015年 3月 9日 [月]
 昨日、無事に、第20回障害児・者性教育セミナーを開催することができました。ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。
 基調報告で、障害児・者の性教育に関わる情勢等を学びあった後は、三木裕和先生の講演「障害児教育の名に値するもの」でした。三木先生の豊富な経験に裏打ちされた話は、笑いあり、涙ありの、とても充実したものでした。
 続きはFaceBookをご覧下さい。
FaceBook:障害児・者サークル

2015年 3月 2日 [月]
HPからの申込み受付は終了させていただきました。
会場での当日受付も行いますが、すでに定員近くのお申込みをいただいており、当日受付の場合は、資料をお渡しできない、座席をご用意できないなどの状況が発生する場合があるということをご承知おきください。

Copyright ©  性教協障害児サークル All Rights Reserved