性教協障害児サークルHP

2017年05月の近況バックナンバー


2017年 5月 8日 [月]
障がいのある子ども・青年・成人に関わるみなさまへ
 いつも性器をさわっているのですが? 自慰についてどう考えたらよいの? 自慰って自分で覚えるものなの? 人前でするようになったらどうしよう?・・・
 難病の方のグループホームを運営されているじゅう楽さんから「自慰支援」について報告をして頂き、伊藤さんから「自慰のもつ意味」についてお話をして頂きます。
 講義の後は「自慰」をテーマに、年代別のグループに分かれて約1時間話し合いをし、その後、グループ報告をします。
 彼らの行動には意味があります。障がいのある子どもや大人の方の願いや思いを探り、その人に寄り添った支援を考えてみませんか?

☆主催:性教協障害児・者サークル
☆講師:赤木敦子さん・山口慎平さん(一般社団法人 じゅう楽)
    伊藤修毅さん(日本福祉大学、障害児・者サークル代表)
☆日時:7月2日(日)午後1時30分〜4時30分
☆場所:堺市総合福祉会館(大阪府堺市堺区南瓦町2番1号)
    4階第3会議室
☆定員:50名
☆会費:一般【1,000円】 会員・保護者・当事者【500円】
☆申込みは不要です。問い合わせ先は↓
 E-mail: seikyokyo_kansai@yahoo.co.jp(千住)

Copyright ©  性教協障害児サークル All Rights Reserved