性教協障害児・者サークルHP
人間と性教育研究協議会障害児サークル ”障害”のある人々(障がい児・者)は従来、性的存在と考えられていませんでした。
 しかし、人間が性的存在である限り”障害”のある人々も性的存在であることは当然です。
 ”障害”のある人々の性を人権・共生の視点で考えようと「性教協障がい児・者サークル」は1996年3月、”人間と性” 教育研究協議会(略称性教協)51番目のサークルとして誕生しました。
 私達は、障がい児・者の健やかな発達と幸せな人生を願う多くの父母、教師、職員そして障がい者本人たちとともに実践と研究を重ねて、今年23年目を迎えております。今、ますます障がい児・者の性について関心が高まっております。
 より多くの人に”障害”のある人々のセクシュアリティを考えていただく場になることを期待して、活動紹介、入会のお誘いをいたします。

サークル近況


2022年 5月 20日 [金]
本サイトは内容をリニューアルし以下のURLに移転しました。

 https://shogaiji-sha.seikyokyo.org

5秒後に自動的に移動します。
移動後、「お気に入り(ブックマーク)」の登録をお願いします。

移動しない場合は、以下をクリックしてください。

 リニューアルサイトに移動する
 

2022年 5月 11日 [水]
「自分らしく幸せに生きるために」
〜ふれあいの保障と仲間との学び〜


☆講師:乙須直子さん(福祉型専攻科「ぽぽろスクエア」所長)
福祉型専攻科「ぽぽろスクエア」は、2012年に自立訓練事業を利用して大阪で初めてできた高等部卒業後の学びの場です。大事にしている学びの1つに「こころとからだの学習」(性教育)があります。「幸せに生きるためには性の学びが必要」と千住真理子さんから乙須直子さんに引き継がれ、学びが深まってきています。今、“距離感”や“腕一本はなれて”という言葉をよく耳にしますが、いっぱいふれあって安心をしないと“距離感”は解りません。ぽぽろスクエアではふれあいの保障と集団での学びを大切にしています。ぽぽろスクエアでの実践をじっくりと 聴いてみませんか?
講演後に、年代別に分かれてグループ交流会をします。ぜひ、ご参加ください。

☆日時:7月3日(日)午後1時30分〜4時30分(入室1時〜)
講演・質疑応答75分、年代別グループ交流会70分、交流会報告等
☆グループ:@小学生 A中学生 B高校生 C成人
☆定員:50名   締め切り:6月26日(日)
☆参加費:【1,000 円】一般
     【500 円】サークル会員・性教協会員(全国・地方会員等)
          当事者・当事者の家族・学生
★以下の口座に振り込みが確認できましたら受付完了とします。
振込口座:ゆうちょ銀行
口座番号:14120−4346651
【他行からは:店名四一八 店番418(普通) 口座番号0434665 】
加入者名:せいかつをゆたかに実行委員会
(振り込み手数料はご負担お願いします)

☆ 申し込み方法(メールのみ) E-mail:seikyokyo_kansai@yahoo.co.jp
※@〜Fをお書きください @名前A住所(都道府県のみ)B所属・職種
 C電話番号DメールアドレスE希望交流会(第2希望まで)
 F一般・サークル会員・性教協会員・当事者・当事者の家族・学生のいずれかを記入
★お支払いを確認しましたら、受付完了メールを送付させていただきます。お支払いがない場合は参加できませんのでご注意ください。
★参加費をお支払い後のキャンセルや当日不参加の場合は返金できませんので、あらかじめご了承ください。
★前日までに招待メールを送信しますので届かない場合はご連絡ください。
また、 当日のZoomに関するお問合せは対応できませんのでご了承ください。
★スマホメールの場合、パソコンからのメールが届かないことがありますのでご注意くださ い。
原因として@パソコンからのメールの受信拒否設定をされているAZoom登録時のアドレス間違いB迷惑メールボックスに入っているCメールボックスが一杯等の原因が考えられます。

こちらのチラシもご覧下さい。

  障害児・者性教育セミナーin堺

主催:“人間と性”教育研究協議会 障害児・者サークル
 

2022年 4月 16日 [土]
支援者や教員はもちろん、当事者や保護者の思いなどに寄り添いながら、多面的に包括的に性教育を考えていきます。「性と生」は人間関係の学びの基本です。一緒に語り合いましょう!

第54回研究会:5月22日(日)午後1:30〜4:00

学び合おう!語り合おう!「性と生」
障害児(者)の「セクシュアリティを育む」
           を読み解きながら 第2弾!


今回は、「性と政治」をテーマに掲げ、学び語り合います。
前回の実践研は、 <障害児(者)の「セクシュアリティを育む」 >を取り上げました。20年前に出版されたこの本は、 今でも学べる中味がたくさんあり大事にすべきであることが確認できました。 そこで第2弾を計画!!!!!
執筆者のお一人、 木全和己さんの「性をめぐるさまざまな課題」を中心に読み合い、 語っていただきたいと 企画しました。また根幹となる「性と政治」に視点を当て、考えていきます。 原点を確認し合いながら、 厳しい教育・福祉現場の実態から目をそらすことなく 、 私たちにできることを語り合いましょう。
当日資料は用意しますが、本をお求めの方は気楽にご相談ください。

☆zoom で実施します。
参加を希望される方は、下記に事前申し込みをお願い致します。
URL:https://forms.gle/ohYV2aBR1syvEXnW8
E-mail:tabigeinin20@gmail.com

〇締め切りは5月20日(金)とさせていただきます。
〇やり方等、わからない場合は相談に応じます。お気軽にお声かけください。

今後の実践研について
「実践研」は ZOOM 開催を基本にしながら、今後も月一回程度開催していきます。
みなさんの要望や、悩み事・相談も大歓迎です。お気軽にお声をおかけください!


主催:東京の性教育を進める会
後援:都教組障害児学級部・都障教組
 詳しくはチラシをご覧下さい。

  東京の性教育実践研究会のチラシ

2021年 12月 20日 [月]
人間発達と性を語る
「第27回 障害児・者性教育セミナー」

性教育実践
  つながろう 広げよう
   すべての人に性の学びを

一緒に学び、語り合い、知ることからはじめよう

2022年2月13日(日)10:00〜16:00 オンラインZOOM

◆10:00〜12:00 午前の部
 ◇リレートーク
   「つながろう 広げよう すべての人に性の学びを」
 ◇基調講演
   「今ふりかえる七生の性教育―そして、これから」
     日暮かをる さん(障害児・者サークル)
◆12:00〜13:00 昼休み
◆13:00〜16:00 午後の部
 ◇13:00〜14:00 全体会
  「彼らの成長と共に―自信と誇りを持って自分を語る―」
    田中紀子さん(障害児・者サークル)
    Aさん(当事者青年)
 ◇14:00〜15:30 グループセッション
 ◇15:30〜16:00 交流の時間
 
今回のセミナーもオンラインにて行います。
性教育をすでに行っている方も性教育をやってみたいけれど何からはじめて良いかわからない方も一緒に学んでみませんか?
全国の仲間たちとつながり性教育実践への一歩を踏み出すきっかけになれば幸いです。

◆参加費:500円
  障害児・者サークル会員 学生,当事者は無料です
◆ZOOM配信にてオンラインで開催します。以下から申し込んでください。
  Peatixから参加申し込み
  締切2022年2月6日(日) 定員150名
  
詳しくは以下のチラシをご覧ください。
 
   「第27回 障害児・者性教育セミナー」
  
  

2021年 11月 17日 [水]
東京の性教育実践研究会

支援者や教員はもちろん、当事者や保護者の思いなどに寄り添いながら、多面的に包括的に性教育を考えていきます。「性と生」は人間関係の学びの基本です。一緒に語り合いましょう!

第52回研究会:12月12日(日)午後1:30〜3:30

☆実践報告 卒業生とつながり、地域で「性教育」を続けて‥

埼玉の特別支援学校の養護教諭であった田中さんは、性教協全国セミナーや全障研夏の大会などで何度も 授業実践を発表してこられた方です。退職した今も、つながりのある卒業生や保護者のニーズに応え、10カ所近くの事業所で「性教育」実践を続けています。今回は実践紹介はもちろんですが、地域・保護者・当事者の願いや繋がりなどのお話も伺いたいと思っています。
 レポート報告を基に話し合い、考え合い、学び合います。ご参加お待ちしています!

☆zoom で実施します。
参加を希望される方は、下記に事前申し込みをお願い致します。
URL:https://forms.gle/ohYV2aBR1syvEXnW8
E-mail:tabigeinin20@gmail.com

〇締め切りは12月10日(金)とさせていただきます。
〇やり方等、わからない場合は相談に応じます。お気軽にお声かけください。

今後の実践研について
「実践研」は ZOOM 開催を基本にしながら、今後も月一回開催してくつもりです。前回のチラシで次を11月とお伝えしましたが、日程が遅くなり申し訳ありません。 今回は、性教協障害児・者サークル世話人会学習会とも合同して開催。後半の交流では、各地の様子も語り合えるのではないかと思っています。みなさん、お気軽にご参加ください。

主催:東京の性教育を進める会
後援:都教組障害児学級部・都障教組
 詳しくはチラシをご覧下さい。

  東京の性教育実践研究会のチラシ

2021年 10月 19日 [火]
ZOOM を 使った オンライン学習会

「第7回 せいかつをゆたかに障害児・者性教育セミナー」へのお誘い

主催:「せいかつをゆたかに」実行委員会

 11年続いた障害児・者性教育セミナーですが、昨年はコロナ禍のため開催できませんでした。今年はオンラインでの半日のセミナーとして開催いたします。
 講演は、「ゼロから学ぶ障害のある子ども・若者のセクシュアリティ」(全障研出版)の著者であり、障害児・者サークル代表の伊藤修毅さんです。講演後は各年代別グループに分かれての交流会を行います。参加者の方々の日頃の悩み等を出し合いながら、共に学び合える交流会にしたいと 考えて います。 皆さま のご参加を心からお待ち しています。

講師:伊藤 修毅さん(日本福祉大学)
 障害のある子どもたちや成人の人たちが幸せな生活を送るためには、保護者や支援者が彼らのセクシュアリティを理解することが大切になります。
  私たち自身のセクシュアリティが豊かになるためにも、ゼロから学び合いましょう。
       
【日時】
 2022年1月16日(日)午後1時30分〜4時30分(入室1時〜)
 講演・質疑応答70分、年代別グループ交流会70分、交流会報告等

【交流会のグループ】
 @小学生 A中学生 B高校生 C成人

【定員】
 50名

【参加費】
 一般 1,000円
 サークル会員・性教協会員・当事者・当事者の家族・学生 500円

【振込口座】
 ゆうちょ銀行
 口座番号 14120−4−346651
 【他行からは:店名四一八 店番418 口座番号(普通)0434665】
 加入者名 せいかつをゆたかに実行委員会
  ※振り込み手数料はご負担お願いします。ATMをご利用ください。
  ※振り込みが確認できましたら受付完了とします。

【申し込み方法】
 Eメールでお願いします。
 アドレス:E-mail:marikonakayosi@yahoo.co.jp
 ※以下の、@〜Fをご記入ください
  @名前 A住所(都道府県のみ) B所属・職種 C電話番号 Dメールアドレス E希望交流会(第2希望まで) F一般・サークル会員・性教協会員・当事者・当事者の家族・学生のいずれかを記入してください。 ※申し込み締め切り:2022年1月10日(月)
 ※お支払いを確認しましたら、受付完了メールを送付させていただきます。お支払いがない場合は参加できませんのであらかじめご了承ください。
 ※参加費をお支払い後のキャンセルや当日不参加の場合は返金できませんので、あらかじめご了承ください。
★セミナー2日前までに招待メールを送信しますので届かない場合はご連絡ください。
★当日のZoomに関するお問合せは対応できませんのでご了承ください。
★スマホメールの場合、パソコンからのメールが届かないことがありますのでご注意ください。原因として@パソコンからのメールの受信拒否設定をされているAZoom登録時のアドレス間違いB迷惑メールボックスに入っているCメールボックスが一杯等の原因が考えられます。

主催:「せいかつをゆたかに」実行委員会
共催:“人間と性”教育研究協議会 障害児・者サークル
 詳しくはチラシをご覧下さい。

  「第7回せいかつをゆたかに障害児・者性教育セミナー」のチラシ

2021年 10月 18日 [月]
東京の性教育実践研究会

支援者や教員はもちろん、当事者や保護者の思いなどに寄り添いながら、多面的に包括的に性教育を考えていきます。「性と生」は人間関係の学びの基本です。一緒に語り合いましょう!

第51回 10月 23日(土)午後1:30〜3:30

☆実践報告:肢体不自由校でとりくんだ「性教育」

 「性教育」を学び、自分の実践に活かしたいと試行錯誤。子どもたちとは楽しい時間になっていると思うのだけれど、これでいいのかな?周りの教員たちも「性教育」が必要だと思っている。でも何からどうやったらいいのか?わからないとの悩みも聞く。現場では「近づきすぎ!」「触りたがる!」の声もたくさん聞かれる。一緒に考える場所がほしい。私自身の実践もより良いものにしていきたい、だから意見をください。‥若い実践者の切実な言葉。みんなで一緒に考えましょう!学び合いましょう!
 レポート報告を基に話し合い、考え合い、学び合います。ご参加お待ちしています!

☆zoom で実施します。
参加を希望される方は、下記に事前申し込みをお願い致します。
URL:https://forms.gle/ohYV2aBR1syvEXnW8
E-mail:tabigeinin20@gmail.com

〇締め切り は10月21 日(木)とさせていただきます。
〇やり方等、わからない場合は相談に応じます。お気軽にお声かけください。
今後の実践研について
「実践研」は ZOOM 開催を基本にしながら、今後も月一回開催していきます。11月には、特別支援学校の養護教諭が定年退職後、10か所の事業所で続ける「性教育」を中心に学び合います。
日程が決まり次第、チラシをお届けします。乞うご期待を!!

主催:東京の性教育を進める会
後援:都教組障害児学級部・都障教組
 詳しくはチラシをご覧下さい。

  東京の性教育実践研究会のチラシ

2021年 8月 25日 [水]
障害児・者サークルの創設者の一人、永野佑子さんをお迎えし、性を人権として捉え、発達を保障する視点から話していただきます。性教育の必要性を感じていても、なかなか踏み出せない方、もっと性教育を学びたいと思っている方には、力強い後押しになると思います。また、講演後の各年代別交流会にはアドバイザーが入り、参加者の方々の日頃の悩み等に応えながら、共に学び合える交流会にしたいと考えています。講演の定員は100名ですが、年代別交流会の定員は50名となっていますので、お早めにお申し込みください。多くの皆様のご参加をお待ちしています。

日 時:2021年11月7日(日) 午後1時30分〜4時30分

【第1部 講演】1:30〜3:05
★演題:「性教育実践 はじめの一歩」
     〜一緒に学び、語り合い、知ることからはじめよう〜
★講師:永野佑子さん
プロフィール:障害児・者サークル前代表、『季刊セクシュアリティ』編集委員。1966年から障害児学級の担任として中学校に勤務し、1986年、学級の子どもたちの性的問題行動をきっかけに性教育を始める。1989年「生きる力を育てる性教育」の実践論文で読売教育賞最優秀賞を受賞。38年間の障害児学級での経験を活かし、退職後は性教育を広めるため全国各地に足を運んでいる。

【第2部 年代別交流会】
・3:10〜4:10
  A 就学前〜小学生  
  B 中学生〜高校生 
  C 成人
・4:10〜4:30
  各交流会報告等

☆参加費:【1,000円】一般
【 500円 】サークル会員・性教協会員・当事者・当事者の家族・学生
振込口座(ゆうちょ銀行) 記号13320 番号15637251 
【他行からは 店名三三八 店番338 普通預金口座番号1563725】
加入者名:障がい児・者の「性」を学ぶ会≪ゆいの会≫
(振り込み手数料はご負担ください。窓口での現金振込は手数料が割高になりますので、ATMをご利用ください。)  

☆定員:講演…100名
☆年代別交流会…50名
☆申し込み方法:Email:yuinokaifukui@gmail.com(ゆいの会

@氏名 Aメールアドレス B都道府県 C所属・職種 D希望の交流会(第2希望まで) E電話番号 F一般・サークル会員・性教協会員・当事者・当事者の家族・学生のいずれか
※メール本文に上記@〜Fをご記入のうえ送信してください。
☆申し込み締め切り:10月31日(日)(ただし、年代別交流会は定員になり次第締め切ります。)

★ご送金の確認後、受付完了メールを送信いたします。
★ご送金後4日以内に受付完了メールが届かない場合は、お手数ですがその旨をメールでご連絡ください。
★ご送金後のキャンセルや当日不参加の場合は返金できませんので、あらかじめご了承ください。
★セミナー2日前までに招待メールを送信しますので、届かない場合は、メールでご連絡ください。
★携帯電話会社などのメールアドレスの場合、Gmailが受信できないことがありますので、設定をご確認ください。

こちらのチラシもご覧下さい。

  障害児・者 性教育セミナーinふくい

主催:障がい児・者の「性」を学ぶ会≪ゆいの会≫
共催:“人間と性”教育研究協議会 障害児・者サークル

Copyright ©  性教協障害児サークル All Rights Reserved